○常陸太田市ふれあいほーむの設置及び管理に関する条例

平成16年10月27日

条例第75号

(趣旨)

第1条 この条例は,地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2の規定に基づき,常陸太田市ふれあいほーむの設置及び管理に関し,必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 高齢者の福祉増進を図るため,常陸太田市ふれあいほーむを設置する。

2 常陸太田市ふれあいほーむの名称及び位置は,次のとおりとする。

名称 常陸太田市ふれあいほーむ

位置 常陸太田市和久町872番地の1

(管理)

第3条 常陸太田市ふれあいほーむ(以下「ふれあいほーむ」という。)は,常に良好な状態で管理し,その設置目的に応じて最も効果的に運用しなければならない。

(使用料)

第4条 使用者は,別表で定める使用料を納めなければならない。

(平17条例35・旧第5条繰上)

(損害賠償等)

第5条 使用者は,故意又は過失によつてふれあいほーむの施設,設備又は備品等を破損したときは,これを現状に復し,又は市長の定める損害額を賠償しなければならない。ただし,市長が特別の理由があると認めたときはこの限りでない。

(平17条例35・旧第6条繰上)

(委任)

第6条 この条例の施行に関し必要な事項は,市規則で定める。

(平17条例35・旧第7条繰上)

附 則

(施行期日)

1 この条例は,平成16年12月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに,水府村ふれあいほーむの設置及び管理に関する条例(平成12年水府村条例第32号)の規定によりなされた処分,手続その他の行為は,この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年条例第35号)

この条例は,公布の日から施行する。

別表(第5条関係)

事業名

使用料

高齢者生活居住部門事業

表1及び表2の合算額

表1 高齢者生活居住部門使用者負担基準(月額)

対象収入による階層区分

使用料

A

1,200,000円以下

0円

B

1,200,001~1,300,000円

4,000

C

1,300,001~1,400,000

7,000

D

1,400,001~1,500,000

10,000

E

1,500,001~1,600,000

13,000

F

1,600,001~1,700,000

16,000

G

1,700,001~1,800,000

19,000

H

1,800,001~1,900,000

22,000

I

1,900,001~2,000,000

25,000

J

2,000,001円以上

30,000

(注) この表における「対象収入」とは前年の収入(社会通念上収入として設定することが適当でないものを除く。)から,租税,社会保険料,医療費等の必要経費を控除した後の収入をいう。

表2 光熱水費(月額)

光熱水費

5,000円

常陸太田市ふれあいほーむの設置及び管理に関する条例

平成16年10月27日 条例第75号

(平成17年9月30日施行)

体系情報
第7編 生/第1章 社会福祉
沿革情報
平成16年10月27日 条例第75号
平成17年9月30日 条例第35号