1. ホーム>
  2. くらし>
  3. FAQ ~よくある質問集~ 暮らし

FAQ ~よくある質問集~ 暮らし

市民税

質問
個人の市民税(住民税)や所得税の配偶者控除について知りたいのですが
回答

配偶者の方の住民税や所得税について,配偶者控除の対象とすることができるかどうかということについては,所得金額により判定されることになります。

◎パート等の収入金額から必要経費を差し引いた所得金額が,38万円以下のときは,配偶者の方の配偶者控除の対象になりますが,38万円を超えるときは,配偶者の方の配偶者控除の対象になりません。

◎パート等の収入金額が,103万円以下のときは,配偶者の方の配偶者控除の対象になりますが,103万円を超えるときは,配偶者の方の配偶者控除の対象になりません。

なお,配偶者控除の控除額は,原則として,所得税38万円,住民税33万円です。103万円を超え,141万円未満の場合,配偶者特別控除を受けることができます。

住民税及び所得税の扶養控除の対象となるのは,生計を一にする親族の方のうち,所得金額が38万円以下(給与収入のみの場合には,給与収入の金額が103万円以下)の方です。ただし,配偶者の方については,配偶者控除や配偶者特別控除の制度があるため,扶養控除の対象になりません。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは税務課 市民税係です。

本庁2階 〒313-8611 常陸太田市金井町3690

電話番号:0294-72-3111 内線211

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る