町田火消行列

町田火消行列 金砂神社小祭礼の神輿渡御の前に供奉される火消行列。
火消しの装束を身にまとった総勢約100人の行列が独特の身振りで整然と進んでいくもので,火消したちは世話人,まとい振り,とびなど,さまざまな役割に分かれています。こっけいな里謡を歌ったり,色々な道化を演ずるなど内容もバラエティに富んでおり,扮装やきびきびとした動作などにも特色があります。
この火消行列が始まったきっかけは元文4(1739)年の小祭礼まで遡ります。多くの観衆が祭りの模様を拝観しようと集う中,不幸にも2ヶ所から火災が発生,町は大混乱に陥りました。これを見た医師・土岐千角が消化防災機能の必要性を訴え,具現化したのが町田の火消行列です。そして,延享2(1745)年の小祭礼において,この火消行列は初めて供奉されました。
現在は保存会が結成され,火消行列を民俗芸能として長く保存するための活動や,行列に使用する装束や道具類の管理・修繕などを担当しています。茨城県指定無形民族文化財。

 

インフォメーション

開催:丑年・未年の3月(6年毎)

場所:水府地区ほか

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課 文化振興係です。

〒313-0055 常陸太田市西二町2200(旧法務局)

電話番号:0294-72-3201 ファックス番号:0294-72-3310

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る