野外焼却の禁止

 

一部の例外を除き,廃棄物(ごみ)の野外焼却は法律により禁止されています

ごみは基準を満たした焼却炉で焼却するか,市の清掃センターで処理してください。

基準を満たさない焼却炉(簡易焼却炉やドラム缶など)での焼却は罰則の対象となります。

 

罰則内容:5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金又は懲役と罰金の両方が科せられる。

 

※収集について詳しくは,ごみの分別,収集日へ。市の清掃センターへ持ち込みについては,ごみの持ち込みへ。許可業者へ処理を委託する場合には,許可業者一覧へ。

 

野外焼却の例外について

 

廃棄物(ごみ)の野外焼却は原則禁止されていますが,次のような場合には,例外として野外焼却が認められています。

※例外であっても,周りの生活環境に悪影響が認められたり,苦情の通報があった場合には,焼却行為を止めてもらうことがあります。

 

1.法律に規定された廃棄物処理基準に従った焼却炉等での焼却

2.震災,風水害,火災,凍霜害その他の災害の予防,応急対策又は復旧のために必要な廃棄物の焼却

3.風俗慣習上または宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却(例:どんと焼きなど)

4.農業,林業または漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却(例:稲わらの焼却など)

5.たき火その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であって軽微なもの(例:キャンプファイヤーや薪ストーブなど)

6.国または地方公共団体がその施設の管理を行うために必要な廃棄物の焼却

 

焼却炉の構造基準について(廃棄物処理基準)

 

一般廃棄物を焼却する焼却炉の主な構造基準は次のとおりです。

基準に従った焼却炉以外での焼却行為は罰則の対象になります。家庭用の焼却炉のほとんどは基準を満たしていませんので使用しないようお願いします。

 

1.空気取入口及び煙突の先端以外に焼却設備内と外気とが接することなく,燃焼室において発生するガス(以下「燃焼ガス」という。)の温度が800度以上の状態で廃棄物を焼却できるものであること。

2.燃焼に必要な量の空気の通風が行われるものであること。

3.外気と遮断された状態で,定量ずつ廃棄物を燃焼室に投入することができるものであること。

4.燃焼室中の燃焼ガスの温度を測定するための装置が設けられていること。

5.燃焼ガスの温度を保つために必要な助燃装置が設けられていること。

 

問合せ

 

環境政策課 0294-72-3111(内線109・110)

金砂郷地域振興課 0294-76-2116

水府地域振興課 0294-85-1119

里美地域振興課 0294-82-2771

清掃センター 0294-72-3316

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは環境政策課です。

本庁1階 〒313-8611 常陸太田市金井町3690

電話番号:0294-72-3111 内線109

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る