1. ホーム>
  2. くらし>
  3. 国保・年金>
  4. 医療・介護利用者の負担軽減制度(高額医療・高額介護合算療養費制度)

医療・介護利用者の負担軽減制度(高額医療・高額介護合算療養費制度)

国民健康保険に加入している方のいる世帯において,1年間(毎年8月~翌年7月)に医療費と介護保険サービス利用料の両方を支払い,その合算額が基準額(下表参照)を超えた場合,その超えた分が支給されます。

 

申請に必要なもの

保険証,印鑑,自己負担額証明書(他保険がある場合)

 

合算した場合の限度額

(1)70歳未満

所得区分 区分 平成26年8月~平成27年7月 平成27年8月以降
旧ただし書所得 901万円超 (ア) 176万円 212万円
600万円~901万円以下 (イ) 135万円 141万円
210万円~600万円以下 (ウ) 67万円 67万円
210万円以下 (エ) 63万円 60万円
住民税非課税世帯 (オ) 34万円 34万円

※旧ただし書所得とは,総所得金額から基礎控除額(33万円)を差し引いた額をいいます。

 

(2)70歳以上75歳未満

所得区分 限度額
1.現役並み所得者(高齢受給者証の負担割合が3割の方) 67万円
2.一般 56万円
3.低所得者2 31万円
4.低所得者1 19万円

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険年金課 国保係です。

本庁1階 〒313-8611 常陸太田市金井町3690

電話番号:0294-72-3111 内線112・113・114

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る