1. ホーム>
  2. 教育・文化・スポーツ>
  3. 常陸太田市教育委員会>
  4. 生涯学習>
  5. エコミュージアムによるまちづくり>
  6. エコミュージアムとは>
  7. エコミュージアム通信
LINEで送る

教育・文化・スポーツ

エコミュージアム通信

「広報ひたちおおた」で紹介した各地域のエコミュージアム活動を掲載しています。

平成30年11月号

地域のお宝を巡って大冒険(上深荻・大菅町)


8月19日,上深荻・大菅町で「WAO‼夏の大冒険2018」が開催され,地元の方や市内外の親子,学生ボランティア,エコミュージアム活動員など合わせて約160人が参加しました。参加した親子は,地域にまつわるクイズなどのミッションに挑戦しながら,上深荻町内を探索。約2時間の探索を終え,ミッションをクリアした子どもには「キッズ冒険家認定証」が授与されました。また,流しそうめんやスイカ割りなどをして交流を深め,楽しいひとときを過ごしました。

『WAO1』の画像 『WAO2』の画像 『WAO3』の画像 『WAO4』の画像

 

親子で秘境の自然を満喫(持方集落)


8月26日,上高倉町の持方集落で「持方わくわく自然夢学校2018」が開催されました。夢学校開催10周年の節目を迎え,地元の方や市内外の親子,学生ボランティア,エコミュージアム活動員など合わせて約110人が参加しました。参加した親子は,持方の豊かな自然の中で,水辺の生き物観察や魚のつかみ取りを楽しみ,お昼には,毎年恒例の流しそうめんや地元の方のおもてなし料理でお腹を満たしました。午後からは,アーティストのなるさんを講師に迎え,子どもたちは「ソルトアート体験」に挑戦。盛り沢山の内容で楽しい夏の1日となりました。

『持方1』の画像 『持方2』の画像 『持方3』の画像

 

平成30年10月号

 

常陸秋そばの種まき(赤土町)


8月4日,赤土町で常陸秋そばの普及と耕作放棄地の解消に取り組む団体「常陸秋そばの郷まもりたい」による常陸秋そば(原種)の種まきが行われました。当日は,茨城キリスト教大学のボランティアも参加し,地元の方の指導のもと,一緒に作業を行いました。作業の後は,地元のそばを食べながら親睦を深めました。今回栽培されるそばは「原種」といわれ,来年「種そば」となり,再来年に「常陸秋そば」として県内各地で収穫されます。

『赤土1』の画像 『赤土2』の画像 『赤土3』の画像

 

 

 

水路探検で生き物発見!(小妻町)


8月5日,小妻町で「ドキドキ!水辺のお宝さがしin小妻」が開催され,地域内外の親子や茨城キリスト教大学の学生ボランティア,エコミュージアム活動員など合わせて約100人が参加しました。参加した親子は,普段あまり見ることができない「ラバー堰」(大きなゴム製のチューブでできている堰)の開放の様子を見学し,その後,水路探検を行いました。水路探検では,カジカやサワガニ,ヤゴなどの水生生物をみつけ,小妻町の豊かな自然を満喫することができました。お昼には,流しそうめんや手作りのおにぎり,かき氷などをいただき,楽しいひとときを過ごしました。

『小妻1』の画像 『小妻2』の画像 『小妻3』の画像

 

 

平成30年9月号

地域の絆を深める発表会&バーベキュー(新宿町)


7月16日,新宿町上町会・下町会合同で,昨年より取り組んできたエコミュージアム活動の発表会と「第1回新宿・みんなで・バーベキュー大会」が開催されました。地元の方々やエコミュージアム活動員,学生ボランティアなど約80人が参加し,地域資源の掘り起しと将来構想づくりの内容や今後の地域での取り組みについて発表がありました。その後,両町会の交流を図る初めての取り組みとして,バーベキュー大会を実施し,両地域の親睦を深めることができました。参加者からは「近所の人と話す機会ができ,楽しく過ごすことができた」「上・下町会合同で実施でき,大変有意義だった」などの感想がありました。

『新宿3-3』の画像 『新宿3-1』の画像 『新宿3-2』の画像


台風にも負けず…不動尊夜町(和田町)


7月28日,和田町で不動尊夜町が開催されました。和田町では,エコミュージアム活動をきっかけに平成23年に夜町を復活させ,今回で8回目の開催。当日は,台風に見舞われたため,会場が屋内に変更されましたが,この日を楽しみにしていた多くの地元の方々や子どもたちが集まり,今年も賑やかに開催することができました。地元の子どもたちによる太鼓演奏や流しそうめん,射的,ベーゴマなどが行われ,楽しい夏のひとときを過ごしました。

 『和田夜町1』の画像 『和田夜町2』の画像『和田夜町4』の画像 『和田夜町3』の画像 

 

平成30年8月号

お宝解説看板を設置(大平町)


7月1日,大平町で地域のお宝(地域資源)についてより多くの人に知ってもらうため,地元の方が解説看板と誘導看板を設置しました。同町は平成28年からエコミュージアム活動に取り組み,お宝さがし(地域探索)や将来構想マップの作成などを行ってきました。今回解説看板を設置したのは,活動の中で見つけた「鹿島神社」や「あんばさま」などの地域のお宝12か所。今後はお宝を案内する看板の作成に取り組んでいきます。

 『大平解説板1』の画像 『大平解説板2』の画像 『大平解説板3』の画像


お宝散策マップ看板を設置(小妻町)


7月1日,小妻町で地元の方や子ども達が地域のお宝(地域資源)を案内する看板を小妻コミュニティセンターに設置しました。同町は平成26年からエコミュージアム活動に取り組み,お宝さがし(地域探索)や将来構想マップの作成などを行ってきました。今回設置した「小妻町散策マップ」と冠した案内看板には,これまでの活動の中で見つけたたくさんのお宝がまとめられています。このマップを利用して,小妻町を散策してみてはいかがでしょうか。

 『小妻案内板1』の画像 『小妻案内板2』の画像 『小妻案内板3』の画像 『小妻案内板4』の画像

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課 エコミュージアム推進室です。

〒313-0055 常陸太田市西二町2200(旧法務局)

電話番号:0294-72-3201 ファックス番号:0294-72-3310

メールでのお問い合わせはこちら
最終更新日最終更新日 2018年11月19日 ページの先頭に戻るページの先頭に戻る
常陸太田市役所 〒313-8611 茨城県常陸太田市金井町3690 TEL 0294-72-3111(代表)
スマートフォン用ページで見る