1. ホーム>
  2. 教育・文化・スポーツ>
  3. 常陸太田市教育委員会>
  4. 文化・芸術>
  5. 常陸太田市郷土資料館>
  6. 周辺ガイド
LINEで送る

教育・文化・スポーツ

周辺ガイド

鯨ヶ丘

    郷土資料館が所在する場所は,通称「鯨ヶ丘」と呼ばれています。平安時代の後期に城が築かれ,戦国大名佐竹氏の本拠として城下町となりました。

 江戸時代になって佐竹氏が秋田へ国替えになると城は廃城となりますが,水戸や那珂湊へ送る物資の集散地として,問屋を中心に発展していきます。

 昭和50年代までは大型の商店や市役所もあり賑わいを見せていましたが,車社会への変化に伴い,商店は丘の下へと移っていきました。

 しかし,現在も往時の土蔵や町屋の建物が残されており,趣ある街並みを見ることができます。また,台地の周辺にある坂も鯨ヶ丘の見どころにもなっています。

 鯨が丘では,季節に合わせてさまざまな催し物が行われています。

 鯨ヶ丘   板谷坂   十王坂
 鯨ヶ丘の街並み                                                             板谷坂                             十王坂

太田城跡

 太田城は,太田太夫と称した藤原通延が天仁二年(1109)に築いたとされています。別名舞鶴城とも呼ばれ,佐竹氏3代隆義が馬坂城から移ってから20代義宣が天正19年(1591)に水戸城に移るまで,佐竹氏が居城としていました。現在の太田小学校付近に本郭があり,馬の背状の台地を空堀で分断して,二郭,三郭,北郭が設けられていました。現在,掘は埋め立てられて道路となってしまいましたが,一部に土塁の痕跡を見ることができます。

太田城跡
舞鶴城址の碑(太田小学校敷地内)

若宮八幡宮

 佐竹氏13代義仁が応永年間に鎌倉の鶴岡八幡宮を勧請して,太田城中に祀ったことに始まります。義仁は関東管領の上杉家から8歳で佐竹氏の養子になり,そのことが一族の山入氏と約百年に渡る抗争の発端となりました。当社は佐竹氏国替え後の宝永5年(1708)現在地に移され社殿が造営されました。

 参道には県指定文化財となっている「若宮八幡宮のケヤキ」をはじめ,ケヤキの巨木が立ち並んでいます。

若宮八幡宮
若宮八幡宮拝殿

駿河屋宮田書店

 宮田家は,内堀町で旧街道に東面して屋敷を構える商家であり,駿河屋という屋号があります。現在は書店を営んでいます。

 建物は文化7年(1810) に建てられた土蔵造り2 階建てで,2階の格子窓が歴史の古さを感じさせています。平成26年(2014)に,土蔵と店舗兼主屋が国の登録有形文化財となりました。

宮田書店
宮田書店店舗

旧稲田家住宅赤煉瓦蔵

 東一町の通りの東側,塙坂との交差点近くに,通りに面して建っています。
 梁間2間・桁行3間で三階建て,通り側に妻側を向ける袖蔵,平側に入口を持ち,瓦葺き(現在はガルバリウム鋼板葺)の煉瓦造の蔵です。明治43年(1910)に建てられ,平成26年(2014)には国の登録有形文化財になりました。現在はギャラリーとして活用されています。

 旧稲田家住宅

旧稲田家住宅赤煉瓦蔵

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課 文化振興係です。

〒313-0055 常陸太田市西二町2200(旧法務局)

電話番号:0294-72-3201 ファックス番号:0294-72-3310

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

このページに対するご意見やご感想をお聞かせください。なお、寄せられたご意見などへ、個別の回答は行いません。
住所・電話番号など、個人情報を含む内容は記入しないでください。
それ以外のご意見・ご提案などはこちらからお願いします。

Q.このページはお役に立ちましたか?
ご意見・ご感想はこちらから
最終更新日最終更新日
  • 2021年12月22日
  • ページの先頭に戻るページの先頭に戻る
    常陸太田市役所 〒313-8611 茨城県常陸太田市金井町3690 TEL 0294-72-3111(代表)
    スマートフォン用ページで見る