1. ホーム>
  2. じょうづるライフ>
  3. 移住者の声>
  4. 里美地区で二地域居住・笹川さん

移住者の声

里美地区で二地域居住・笹川さん

『里美地区で二地域居住・笹川さん』の画像

笹川さんへの質問

笹川さんは,地域おこし協力隊の任期終了後,常陸太田市に住みながら,都内の大学院に進学されていらっしゃいますが,東京と茨城を行き来するのも結構大変だったりすると思うのですが,2箇所に拠点をもつことの利点,大変なこと,これから二地域居住など考えている方へのアドバイスなどを教えていただけますか?

回答

利点

2つの地域に暮らすことで,新鮮な気持ちで両地域を見ることができるので,5年たった今でも新たな発見や学びがありワクワクしながら生活を送ることができます。また,現在大学院にて協力隊時代の経験をベースに研究を行っているので,客観的に地域を捉えられるなど,臨場感のある学びができております。

大変なこと

まれに郵便物の受け取りのタイミングが合わないことがあったり,家の空気の入れ替えができないこと,近所の方におすそ分け頂いた食材を使いきれないことなどがちょっぴりネックではあります。また,うっかり忘れものをしてしまったりすると,大変なことになります。

アドバイス

二地域居住は,自分らしい暮らしをデザインすることができるので,とてもおすすめです。時に不便さを感じることもありますが,地域の方と密にコミュニケーションをとったりすることでカバーできることもあるので,地域とのつながりを意識しながら生活をすることがカギかと思います。

質問

お2人とも地域活性化やまちづくりなどにも携わっていらっしゃいますが,地域のコミュニティーに入って,地域の方々と交流をすることで,その地域の住民としての意識というか,その地域にかかわる当事者として地域に向き合って,地域への思いが強くなっていくのかなと思っています。

ただ,これから移住しようかなと考えている方にとっては,地域コミュニティーに入ることは,少し度胸がいると言うかきっかけが必要かと思いますが,これまでの経験を踏まえて,こんなことをしてみたら地域の人と近づくことが出来たというようことがあれば,教えていただけますか?

回答

地域のお祭りや河川清掃に参加するなど,なるべく近所づきあいの機会を多く持つように心掛けること,また困ったことなどは大家さんに相談すると地域とのつながりのチャンスが訪れます。私は,二地域居住をしているため大規模な農作業はできないのですが,畑をやってみることなども地域との交流の機会につながるかと思います。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは少子化・人口減少対策課です。

本庁3F 〒313-8611 常陸太田市金井町3690

電話番号:0294-72-3111 内線314・346 ファックス番号:0294-72-3002

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?