1. ホーム>
  2. 教育・文化・スポーツ>
  3. 常陸太田市教育委員会>
  4. 生涯学習>
  5. エコミュージアムによるまちづくり>
  6. 地域資源の紹介>
  7. 真弓町の地域資源
LINEで送る

教育・文化・スポーツ

真弓町の地域資源

わがまち地元学に取り組んだ地域で再発見・再認識された地域資源(=お宝)を紹介しています。

『icon_arrowp』の画像お宝の種類から探す   『icon_arrowg』の画像地域から探す    『icon_arrowb』の画像ちょっと寄り道(広報ひたちおおたより)

 

 

 

 

真弓町(真弓山)のお宝

自然
『爺杉』の画像

爺杉

神社の北側斜面の中腹にある杉の巨木で,茨城県内でも有数の大きさを誇る。県の天然記念物に指定されており,幹周りは10.4メートル。

『見晴らし台』の画像

見晴らし台

多賀山地南部に位置する見晴らし台からの眺望は,太平洋を望み大洗,鹿島の工業地帯までが一望できる。春にはヤマザクラ,秋には紅葉が楽しめる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
歴史
『真弓神社』の画像

真弓神社

坂上田村麿が大同2年(807年)に創建し,源義家が弓を奉納したとの伝説が残る神社。陣ケ峰に鎮座し,常陸五山のひとつとして山岳信仰の聖地とされている。

『しめ縄』の画像

願掛けのしめ縄

榊の枝を挿して願をかけると,願い事が叶うというしめ縄。また,女の人は瀬戸物を割らなくなるとも言われている。

『膝掛け石』の画像

膝掛け石

源義家が膝をかけて弓を射ったとされる石。ここから放たれた矢は日立市の留町まで飛び,飛んでいく矢の様子から,茂宮と留の地名になったとされている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

産業
『白い石』の画像

真弓山の白い石

真弓山一帯から産出する白い石(大理石)は,寒水石ともよばれ建築材として国会議事堂にも使用されている。また,この石には源義家や天狗にまつわる伝説も残る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課 エコミュージアム推進室です。

〒313-0055 常陸太田市西二町2200(旧法務局)

電話番号:0294-72-3201 ファックス番号:0294-72-3310

メールでのお問い合わせはこちら
最終更新日最終更新日 2016年5月19日 ページの先頭に戻るページの先頭に戻る
常陸太田市役所 〒313-8611 茨城県常陸太田市金井町3690 TEL 0294-72-3111(代表)
スマートフォン用ページで見る