宅地の耐震化

宅地耐震化推進事業について

宅地耐震化推進事業

平成7年の阪神・淡路大震災,平成16年の新潟中越地震などの大地震時により,大規模に盛土造成された土地にて滑動崩落現象による災害が発生しました。このような背景から,平成18年に国において,宅地等の安全性を確保することを目的として宅地造成等規制法の一部改正が行われ「宅地耐震化推進事業」が創設されました。

 

社会資本総合整備計画による「常陸太田市宅地耐震化推進事業」

社会資本整備総合交付金を活用して事業を実施する場合は,おおむね3~5年で実現しようとする目標や事業計画内容を記載した社会資本総合整備計画を作成し,国土交通大臣に提出することとなっています。

 

社会資本総合整備計画の事後評価の公表

「社会資本総合整備計画」に基づく事業が終了したので,事業の目標の達成状況について事後評価を行いました。その結果について公表します。

 

関連書類ダウンロード

常陸太田市においては以下の整備計画を策定し,事業を実施しています。

宅地耐震化推進事業(計画書)PDF形式(135キロバイト)

宅地耐震化推進事業(事前評価)PDF形式(26キロバイト)

宅地耐震化推進事業(事後評価)PDF形式(58キロバイト)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは建築住宅課 建築開発指導室です。

常陸太田市金井町3690

電話番号:0294-72-3111 内線234・240

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る