1. ホーム>
  2. 教育・文化・スポーツ>
  3. 常陸太田市教育委員会>
  4. 生涯学習>
  5. エコミュージアムによるまちづくり>
  6. 地域資源の紹介>
  7. ちょっと寄り道(久米地区)
LINEで送る

教育・文化・スポーツ

ちょっと寄り道(久米地区)

「広報ひたちおおた」で連載中のコーナー「ちょっと寄り道」で紹介した地域の見どころを紹介します。

 

久米地区

写真 地域名 見どころ
『あんばさま』の画像 大平町

あんばさま

大平農村集落センターから少し入ったところに木立に囲まれた森があります。入り口の近くにお地蔵さまがあり,そこから山の斜面を十数メートル登ると,「あんばさま」と呼ばれる祠があります。「あんばさま」は江戸時代ごろに海難を除けるための信仰として関東東北の海岸地域に広まり,それが内陸部にも伝わってきたとのこと。大平の「あんばさま」は,疱瘡など子どもの流行病を治す神様と言い伝えられています。大正から昭和初期には,「あんばさま」のお祭りが盛大に行われていたようで,「あんばさま」の夏のお祭りを復興しようとの動きもあります。

『来迎院』の画像 大里町2

来迎院

大里地区には,来迎院という天台宗の寺院があります。通称「大里のあみださま」と呼ばれ,昔は行列ができるほどのたくさんの人で賑わっていたと聞いています。本尊の阿弥陀如来坐像は,昭和40年2月に県の文化財に指定されました。もともとは,大洗町にある普賢院の本尊として磯原村から運ばれてきたと伝えられています。また,本堂と楼門も県の文化財に指定されています。年中行事として1月に元日祭,3月は供養祭,6月は御田植祭,10月は収穫祭等を行っています。10月には,文化財集中曝涼があり,毎年多くの方が見学に訪れますので,この機会にぜひご覧ください。

『愛宕神社』の画像

『絹本』の画像

玉造町

愛宕神社と絹本著色五大尊絵像

佐竹氏初代昌義の頃,舞鶴城の西北に火防の神を祀ったといわれる愛宕神社は,今も玉造町に住む私たちの暮らしに結びついています。町会の新年会や総会では,神主さんに合わせてみんなで神社遥拝をして,御神酒で乾杯します。毎年4月の総会では五穀豊穣を祈る天祭りを行います。今年も御神酒と昔から続いている黄な粉のおにぎりで豊作を願いました。夏には,収蔵庫に保管する「絹本著色五大尊絵像」(県指定文化財)を納めた長持ちを担いで,地区内を巡るお村廻りがあります。角かどで集落の人たちが,長持ちの下をくぐり無病息災・家内安全を祈願します。8月8日に玉造町の近くで,太鼓が鳴ったら長持ちくぐりに立ち寄ってみてください。

 『横塚山のさくら』の画像

『薬谷堰』の画像

薬谷町

横塚山のさくらと薬谷堰

山田川の薬谷堰には,久慈川の水が流れ込んでいます。江戸時代初期,永田茂衛門(もえもん),勘衛門(かんえもん)父子によって
完成した辰ノ口用水の水です。現在の薬谷堰は,昭和5年にコンクリート堰に改築されました。ここから用水は大里,天神林,藤田,谷河原,河合へと流れて行きます。かたわらに薬谷堰記念碑と水神様(水分神)があり,地元の人々により大切に守られています。
堰から南西1キロメートルにある丘は横塚山。ここは西金砂神社磯出大祭礼の時の渡御(とぎょ)行列のお休み場です。頂上からは,辰ノ口用水によって灌漑される広大な水田と山田川が見渡せます。山田川の堤防は,ウォーキングやサイクリングの人気コースになっています。

 『お稲荷さん』の画像  久米町  お稲荷さん

久米十文字から北へ約150メートルほど行くと,左に「稲荷大明神」の入り口があります。そこから入って50メートル程の所に鳥居があり,祠が祭ってあります。お稲荷さんは,商売繁盛・五穀豊穣を願って建てられたものだそうです。子どもの数が多かった頃は,子ども達が地元の各家庭を回り,お米やお賽銭を集めて,役(宿)となった家では,まき餅を作り近くの小高い土手の上から,まき餅やお菓子を撒きました。しかし,今では子ども達が家を廻ることもなくなり,役(宿)となった家ではお供えものを作り,御神酒と一緒にお供えするだけとなりました。年2回(2月初午の日・11月15日)のお祭りの日には,地元の人達の参拝が行われております。

 『御野立所』の画像  大里町1 丸山の御統監記念碑

昭和4年,水戸地方(石岡・水戸・常陸太田)において,昭和天皇をお迎えして大規模な陸軍特別大演習が行われました。その際,大里町にある丸山山頂が陸軍特別大演習の終結を飾る御統監御野立所(おのだてしょ)として選定されたのに伴い,村当局を始めとする大里区の有志により整備事業が行われ,わずか1年で立派な御野立所が完成したそうです。そのことを子孫へ伝えるため,在郷軍人を始め,地元青年会の奉仕により,昭和6年2月に丸山公園内に御統監記念碑が建てられました。また周辺には桜やツツジが植えられ,公園的な要素を持った旧跡として整備されました。皆さん,近くに来たらぜひお立ち寄りください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課 エコミュージアム推進室です。

〒313-0055 常陸太田市西二町2200(旧法務局)

電話番号:0294-72-3201 ファックス番号:0294-72-3310

メールでのお問い合わせはこちら
最終更新日最終更新日 2017年5月1日 ページの先頭に戻るページの先頭に戻る
常陸太田市役所 〒313-8611 茨城県常陸太田市金井町3690 TEL 0294-72-3111(代表)
スマートフォン用ページで見る