1. ホーム>
  2. くらし>
  3. 税・税証明など>
  4. スイッチOTC薬控除(医療費控除の特例)

スイッチOTC薬控除(医療費控除の特例)

スイッチOTC薬控除(医療費控除の特例)が創設されました

スイッチOTC薬控除とは,医療費控除の特例であり,健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が,平成29年1月1日から平成33年12月31日までに一定のスイッチOTC医薬品を購入した場合,申告によりその購入代金の一部について所得からの控除が受けられるもので,セルフメディケーション税制とも言われています。
平成29年分の所得税,平成30年度分の個人市県民税からがその対象となります。

スイッチOTC医薬品とは

スイッチOTC医薬品とは,まちの薬局やドラックストアで購入できる要指導医薬品及び一般用医薬品のうち,医師によって処方される医療用医薬品からOTC医薬品に転用された医薬品のことです。

対象となるスイッチOTC医薬品は厚生労働省のホームページに掲載されているほか,対象商品のパッケージに,この制度の対象である旨を示す識別マークの掲載が予定されています。また,購入時のレシートの中にも,スイッチOTC医薬品であることがひと目でわかるような★印などのマークとそれが対象商品である旨の記載がなされる予定です。

対象医薬品の詳細は厚生労働省ホームページ(新しいウインドウで開きます)をご参照ください。

申告する際に必要なもの

・OTC医薬品に該当する薬品を購入した領収書・レシート(原本)
・健康の維持増進及び疾病の予防への取組(下記項目参照)について内容がわかる領収書または結果通知表(原本)

(注)結果通知書は,氏名,取組を行った年と,事業者・保険者等の名称,または診察を行った医療機関の名称若しくは医師の氏名がわかる部分をコピーしてください。検診結果部分のコピーは不要です。
 インフルエンザなどの予防接種は医療費控除の対象ではありませんが,領収書が一定の取組を行ったことを明らかにする書類となりますので,来年の申告まで大切に保管してくおいてください。

医療費控除の特例として対象となる金額

対象となるスイッチOTC医薬品の購入代金が1万2,000円を超えるとき,その超える部分の金額(8万8,000円を限度)が所得から控除する金額となります。

なお,この特例の適用を受けるには,所得税の確定申告または個人市県民税の申告が必要となります。また,この医療費控除の特例は,従来の医療費控除との選択により,どちらか一方で控除を受けることができます。

健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組とは

スイッチOTC医薬品による医療費控除の特例を受けるためには,その方が,その年中に健康の維持増進及び疾病の予防への取組として以下の取組を行う必要があります。

(1)特定健康診査
(2)インフルエンザなどの予防接種
(3)職場での定期健康診断
(4)人間ドック等の健康診査
(5)がん検診

なお,申告に際しては,この一定の取組を行ったことを明らかにする書類(領収書または結果通知表などの原本)を添付または提示する必要があります。

詳しくは,厚生労働省ホームページ「【チャート】一定の取組の証明方法について(新しいウインドウで開きます)」をご参照ください。
(どの書類を添付すべきかのチャートや保険者や事業者あての証明依頼書なども掲載されています。)

関連情報

厚生労働省ホームページ セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について(新しいウインドウで開きます)

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは税務課 市民税係です。

本庁2階 〒313-8611 常陸太田市金井町3690

電話番号:0294-72-3111 内線211

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る