1. ホーム>
  2. くらし>
  3. 福祉・介護>
  4. 介護>
  5. 地域支援事業

地域支援事業

介護予防事業

介護予防事業は,要介護状態にならないよう元気なうちから積極的に介護予防に取り組むために市が行う事業です。要介護認定で「非該当」と判定された方や,基本チェックリストで生活機能※の低下がみられた方は,介護予防事業が利用できます。
※要介護認定を受けている方は対象となりません。

≪生活機能の低下がみられた方(二次予防事業)≫
 (1) 生活機能の低下がみられた方と,要介護認定で「非該当」と判定された方は,介護予防事業のプログラムを
    利用できます。
 (2) 地域包括支援センターで,利用者の状況等を把握し,課題を分析します。
 (3) 必要な場合には,介護予防ケアプランを作成します。
 (4) 生活機能を向上させるプログラムを利用します。
    ※一定期間ごとに効果を評価し,プランを見直します。

事 業 名 事業の内容 自己負担 サービスのめやす
運動機能向上事業 保健師や理学療法士等によるリハビリ教室で,心身機能
の維持や回復を目的とした軽度なスポーツやレクリエー
ションなどを行います。
無料(ただし,
送迎を希望
する場合は
1回150円) 

月3回程度の
サービスを
5か月間行います。

口腔機能向上事業 歯科衛生士等による口腔清掃や口腔機能向上のための訓
練などを行います。
1か月あたり
200円 
月2回程度の
サービスを
3か月間行います。
栄養改善事業 管理栄養士等による栄養状態改善を目的とした栄養相談
や調理実習などを行います。 
1か月あたり
300円
月2回程度の
サービスを
5か月間行います。
訪問指導 保健師等が,うつ・閉じこもり・認知症など,日常生活
において支援が必要な方の自宅に訪問し,生活全般に係
る相談を受けて,さまざまなアドバイスを行います。  
   

※生活機能とは,心身の働きのほか,日常生活動作や,家庭や社会での役割など生きていくための機能全体のこと
 です。
 生活機能が低下すると,要介護状態になる可能性が高くなるため,早期に発見・対応する必要があります。

 ≪生活機能の低下がみられなかった方(一次予防事業)≫
 地域で行われる介護予防教室等に参加できます。希望される方は,直接お問い合わせください。

事 業 名 事業の内容
さらに元気アップ教室 筋力低下を防ぐための運動指導を中心とした教室に参加できます。
いきいき健康運動教室

各集会所などにおいて,シルバーリハビリ体操指導士と一緒に筋力低下の予防や,健康
の保持・増進を目的とした体操を行います。

健康教育・健康相談 保健師・栄養士が各集会所などで老人クラブ等を対象に生活習慣病の予防,精神疾患,介
護予防などの健康に関する教育・相談を行います。

※シルバーリハビリ体操指導士とは,運動習慣を身につけるため,いきいきヘルス体操を広く周知し,介護予防に
 資する指導者としての知識や技術を身につけた方です。
  お問い合わせ  健康づくり推進課 0294-73-1212

事 業 名 事業の内容
介護予防水中運動教室 体重の負荷の少ない水中での運動を行うことにより,腰痛などの緩和や筋力低下の予防
を図ります。
スクエアステップ教室 25cm四方の升目で仕切られたマットを利用して,いろいろなパターンの足踏み
(ステップ)を行う運動です。
「歩く脳トレ運動」ともいわれ,転倒予防・認知症機能向上等に効果があります。

   お問い合わせ  高齢福祉課介護保険係 0294-72-3111(内線154)

事 業 名 事業の内容
栄養改善・口腔機能向上
事業
各種団体を対象に栄養指導や口腔清掃の指導,摂食,えん下機能に関する機能訓練の指
導などを行います。

  お問い合わせ  常陸太田市社会福祉協議会 0294-73-1717

介護予防事業(二次予防事業・一次予防事業)で実施してきたサービスは,平成29年4月から「介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)」を実施することに伴い,総合事業の介護予防・生活支援サービス事業及び一般介護予防事業に移行します。
詳しくは,「介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)」(新しいウインドウで開きます)(新しいウインドウで開きます)のページをご覧ください。

 

包括的支援事業

≪地域包括支援センターの設置≫
 地域包括支援センターは,保健師,社会福祉士,主任介護支援専門員(ケアマネジャー)の専門職が連携しなが
 ら,介護に関する相談だけでなく,健康や福祉,医療等,高齢者の生活に関するあらゆる相談に対応します。
「どこに相談したらよいのか分からない」といった場合も,まずはご相談ください。内容に応じて,必要なサービ
 スの情報提供や適切な機関へおつなぎします。
[地域包括支援センターの業務]

業  務

内    容

包括的支援事業

総合相談

高齢者や家族からの介護に関する相談や,医療・福祉サービス
に関する情報提供等を行います。

権利擁護

成年後見制度の紹介や,高齢者虐待の早期発見や防止・消費
者被害等に対応します。

介護予防ケアマネジメント

支援や介護が必要となる恐れがある方に対し,介護予防サービ
スのケアプラン作成や,効果の評価を行います。

包括的・継続的ケアマネジメント

高齢者の方が暮らしやすい地域にするために,民生委員や介護
サービス事業者等とのネットワークづくりを行います。

介護予防支援事業

要支援1・2の方に対し,介護予防サービス計画を作成すると
ともに,サービスの提供が確保されるよう,事業者等の関係
機関との連絡調整を行います。

※成年後見制度とは,認知症等によって物事を判断することが十分でない方について,本人の権利を守る援助者
(成年後見人)を選ぶことで,本人を法律的に支援する制度です。
 
[地域包括支援センター]

名   称

住   所

電話番号

担当地区

常陸太田市地域包括支援センター
(本所)

稲木町33
(総合福祉会館内)

0294-72-8881

常陸太田・金砂郷地区

常陸太田市地域包括支援センター
(サブセンター) 

町田町163-1
(水府支所内)

0294-70-5678

水府・里美地区

≪地域包括ケアシステムの構築≫
 地域包括ケアシステムとは,高齢者が要介護状態になっても,住み慣れた地域で医療・介護・予防・住まい・
 生活支援サービスが切れ目なく一体的に提供されるものです。
 地域包括ケアシステムの構築に向けた事業を,順次取り組んでまいります。

『地域包括ケアシステム』の画像

事 業 名

事業の内容

在宅医療介護連携推進事業
(新しいウインドウで開きます)
(平成28年度~)

医療と介護が必要となっても,住み慣れた地域で自分らしく過ごせるように,
市医師会等と協力を得ながら,医療と介護の連携をための体制づくりに努める
事業です。

生活支援体制整備事業
(新しいウインドウで開きます)
(平成28年度~)

ボランティア・NPO等の生活支援の担い手の養成・発掘等の地域資源の創出や
ネットワーク化などを行う「生活支援コーディネーター」の配置や「協議体」
の設置により,生活支援サービス基盤整備に努める事業です。

認知症施策の推進
(平成30年度~)

国の「認知症施策推進5か年計画(平成25~29年度)の内容に沿い,認知症初
期集中支援チームの設置や認知症地域支援推進員の配置等に努める事業です。

地域ケア会議の実施

医療,介護等の専門職や民生委員など地域の関係者と個別事例の検討を重ねる
ことで,地域における課題の共有認識を図る事業です。

 

任意事業

市では,以下の事業を実施しています。
詳しくは,高齢福祉課高齢福祉係(内線131・144)へお問い合わせください。
[家族介護支援事業]

事 業 名

事業の内容

利用者負担のめやす

介護ヘルパー養成研修事業

地域の介護ボランティアや家族介護者の養成を図る事業です。

受講料は無料ですが,教材費は自己負担となります。

在宅介護者リフレッシュ事業

在宅で介護を要する高齢者(65歳以上)を介護している方に対して,
介護者相互の交流やリフレッシュを兼ねて,年4回程度の日帰り研修
を実施する事業です。

昼食代相当の実費相当額

家族介護教室

家族が安心して介護することができるよう介護方法等などの知識や技
術の習得の支援をする事業です。

認知症サポーター養成講座

認知症介護の専門的知識を持つ「認知症介護アドバイザー」と連携のもと,認知症について理解し,認知症の方やその家族を温かく見守る
人材(認知症サポーター)を養成する事業です。 

徘徊高齢者家族支援事業

認知症高齢者が屋外において徘徊した場合,早期に発見することがで
きるシステムを利用する利用者家族に対し,初期費用を助成する事業
です。

紙おむつ購入費助成事業

65歳以上の方で介護保険で要介護3以上に認定された方に,紙おむつ
の購入費用の一部を助成する事業です。
※申請が必要です。
 助成限度額 年間34,020円(月額2,835円)

[その他事業]

事 業 名

事業の内容

利用者負担のめやす

食の自立支援事業
(配食サービス)

一人暮らしの高齢者,高齢者のみの世帯等であって自分で調理することが
困難な高齢者に対し,定期的に居宅を訪問し,栄養のバランスのとれた食
事を提供するとともに,利用者の健康保持及び安否確認を行う事業です。
※申請が必要です。

1回あたり300円
(原材料費等の実費
相当額)

成年後見制度
利用支援事業

成年後見制度を利用する際,身寄りがない高齢者に対して,申立ての手続
き等を支援する事業です。

※成年後見制度とは,認知症等によって物事を判断することが十分でない方について,本人の権利を守る援助者
(成年後見人)を選ぶことで,本人を法律的に支援する制度です。  

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは福祉事務所高齢福祉課 介護保険係です。

本庁1階 〒313-8611 常陸太田市金井町3690

電話番号:0294-72-3111 内線154

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る