1. ホーム>
  2. 教育・文化・スポーツ>
  3. いきいき茨城ゆめ国体・いきいき茨城ゆめ大会>
  4. 国民体育大会・全国障害者スポーツ大会とは?

国民体育大会・全国障害者スポーツ大会とは?

 国民体育大会とは

 国民体育大会(国体)は,国民の健康増進,体力の向上,地方スポーツの振興と地方文化の発展を図ることを目的として,昭和21年に京都府を中心とした京阪神地方で開始され,都道府県持ち回りで毎年開催されている国内最大のスポーツ大会です。都道府県対抗方式で行われ,男女総合優勝である「天皇杯」と,女子総合優勝である「皇后杯」獲得を目指し,都道府県代表の選手達が熱戦を繰り広げます。

 「東(北海道・東北・関東)」,「中(北信越・東海・近畿)」,「西(中国・四国・九州)」の3地区の輪番制で開催され,昭和63年第43回大会(京都府)から二順目となっています。

 

いきいき茨城ゆめ国体(第74回国民体育大会)について

 平成31年(2019年)に,第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」が,茨城県で開催されます。昭和49年(1974年)以来45年ぶりとなります。

○開催期間 2019年9月28日(土)から10月8日(火)

 

 常陸太田市は,ソフトボール成年男子・成年女子の競技開催地となっています。

○常陸太田市開催競技詳細はこちら

 

 

全国障害者スポーツ大会とは

 全国障害者スポーツ大会(障スポ)は,障がいのある選手が競技等を通じ,スポーツの楽しさを体験するとともに,多くの人々が障がいに対する理解を深め,障がいのある人の社会参加を推進することを目的として,3日間の会期で開催され,全国から都道府県・指定都市選手団約5,500人(選手約3,500人+役員約2,000人)が参加し,個人競技6競技,団体競技7競技の13競技及びオープン競技が実施される国内最大の障がい者スポーツの祭典です。

 平成12年まで別々に開催されていた「全国身体障害者スポーツ大会」と「全国知的障害者スポーツ大会」を統合し,平成13年に第1回大会が宮城県で開催されました。

 以降,オリンピック終了後に開催されるパラリンピックと同じように,毎年,国民体育大会終了後に開催されています。

 

いきいき茨城ゆめ大会(第19回全国障害者スポーツ大会)について

 平成31年(2019年)に,第19回全国障害者スポーツ大会「いきいき茨城ゆめ大会」が,第74回国民体育大会終了後に開催されます。

○開催期間 2019年10月12日(土)から10月14日(月・祝)

 

 常陸太田市は,ソフトボール(知),グランドソフトボール(身),フットベースボール(知)の競技開催地となっています。

○常陸太田市開催競技詳細はこちら

 

 

 

「いきいき茨城ゆめ国体・いきいき茨城ゆめ大会」に関する詳しい情報はこちら 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは国体推進室です。

本庁3階 〒313-8611 常陸太田市金井町3690

電話番号:0294-72-3111 内線354・355 ファックス番号:0294-72-3002

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る