1. ホーム>
  2. 教育・文化・スポーツ>
  3. 常陸太田市教育委員会>
  4. 生涯学習>
  5. エコミュージアムによるまちづくり>
  6. 地域資源の紹介>
  7. 東染町の地域資源
LINEで送る

教育・文化・スポーツ

東染町の地域資源

わがまち地元学に取り組んだ地域で再発見・再認識された地域資源(=お宝)を紹介しています。

『icon_arrowp』の画像お宝の種類からさがす 『icon_arrowg』の画像地域からさがす 『icon_arrowb』の画像ちょっと寄り道(広報ひたちおおたより)

東染町のお宝

歴史
『東染郷倉』の画像

郷倉
江戸時代に建てられた公共の倉で,飢饉に備えて穀物を蓄えていた。

 
『経屋』の画像  

経屋
江戸時代(文久年間),尊師が住んでいた場所です。中にある祭り神は,薬師如来,御神輿,又複数の神が祀られています。毎日,お経を唱えていたそうです。昭和二十五年に新築され,現在集落の集会所として使用されています。

『一の鳥居』の画像  

東金砂神社一の鳥居 (四ツ足の鳥居)
この鳥居は,両部鳥居(りょうぶとりい),権現鳥居(ごんげんとりい)ともいわれています。「東金砂山」の額文字のうち東金砂の各文字は,三猿(さんえん)(見ざる,聞かざる,言わざる)を表す象形文字となっています。かつては,参道(鳥居)寄り東金砂神社にお参りしたものと思われます。2003年(平成15年)3月に,第17回磯出大祭礼が行なわれました。72年に一度開催されるこの祭事は,日本最大級の磯出の祭事で,この鳥居を通って御出社になりました。次回の磯出大祭礼は,2075年に予定されています。

 

『お休み場』の画像  

御神輿お休み場
十二所神社のお祭りのとき,神輿が御出社した時のお休み場所となった所です。祭事の時は,祭り旗を掲げておこないました。昔は,毎年秋に祭礼があり御出社していたようです。現在は,御神輿が御出社しないので,使用していません。

『十二所神社』の画像  

十二所神社
東染(塩の沢)に鎮座する神社。国常立命をはじめ,十六柱の神が祀られている。

 
生活文化
『三面薬師』の画像

三面薬師
医者,看護師,産婆を祭った薬師であり,毎年,6月12日に祭典が行なわれています。この地は,療養所(病院)の跡地で,敷地内には池もあったそうです。

 
『地蔵尊』の画像  

地蔵尊(賽の河原の地蔵尊)
昭和六年,県道改修工事をしていた時,出てきた地蔵尊で,はるばる遠方からも,子宝を願って,また,安産を祈願して参拝されています。6月24日が縁日で,現在も毎年夜祭りを行い崇拝しています。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課 エコミュージアム推進室です。

〒313-0055 常陸太田市西二町2200(旧法務局)

電話番号:0294-72-3201 ファックス番号:0294-72-3310

メールでのお問い合わせはこちら
最終更新日最終更新日 2017年5月23日 ページの先頭に戻るページの先頭に戻る
常陸太田市役所 〒313-8611 茨城県常陸太田市金井町3690 TEL 0294-72-3111(代表)
スマートフォン用ページで見る