1. ホーム>
  2. 産業・ビジネス>
  3. 農業>
  4. クロピラリドによる生育障害

クロピラリドによる生育障害

ここ数年,全国各地でクロピラリドが原因と疑われる作物の生育障害の発生事例が報告されています。

クロピラリドとは,国内では使用されていないホルモン型除草剤のことで,日本が粗飼料の大半を輸入している米国,豪州,カナダ等において,広葉雑草(クローバーなど)を枯らす除草剤として使用されています。

クロピラリドは,家畜や人に対する毒性は極めて低く,また摂取しても時間が経てば,ほぼ全量が排泄されるため,飼料に残留していても,家畜や人の健康に影響を及ぼす心配はありません。

しかし,トマト,ナス,大豆,スイートピー,マメ科牧草などの作物に,クロピラリドが残留した牛ふん堆肥等を与えた場合には,ごく低濃度でも生育に障害を引き起こす可能性があります(イネ科作物は耐性があるため,通常の施用量では稲,麦,とうもろこしやイネ科牧草の生産に障害を引き起こす心配はありません)。

このため,クロピラリドが残留している可能性がある飼料を給与した家畜に由来する堆肥等を生産,販売,使用する際には,十分に注意してください。

 

関連リンク

牛ふん堆肥中に残留したクロピラリドが原因と疑われる園芸作物等の生育障害について(新しいウインドウで開きます)(茨城県エコ農業推進室)

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農政課 農地計画係です。

〒313-8611 常陸太田市金井町3690

電話番号:0294-72-3111 内線614・615

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る