1. ホーム>
  2. 災害>
  3. 火事・救急・救助>
  4. 救急車の適正利用をお願いします

救急車の適正利用をお願いします

救急車の適正利用について

常陸太田市の平成28年中の救急出場件数は2156件に上っており,1963人 を病院へ搬送しました。一日あたり6件の救急出場で市民26人に一人が利用しました。

近年,単なる酒酔いや病院で早く受診できる,入院のための病院までの移動手段が無いからという理由など,緊急性がないのに救急出場を要請するケースが増えており,救急車で搬送した傷病者のうち,入院の必要がない軽症と医師が判断した方の割合は約38%にも上ります。

常陸太田市の救急車は,救急出場要請を受けると市内4つの消防署や出張所に配置している救急隊のうち,現場に最も近い救急隊が出場します。しかし,出場要請が重なった場合には遠いところから出場することになり,通常10分程度(常陸太田市の平成28年中現場平均到着時間)で到着するものが,20分以上かかる場合が発生し,本当に緊急性のある傷病者への対応が遅れてしまい救える命が救えなくなる恐れがあります。

増加する救急出場に対応するため,消防署では救急隊以外のポンプ隊が救急現場へいち早く駆け付け,救急隊重複出場による現場到着の遅れをカバーするなど対策を立てています。

緊急性が無く自分で病院へ行ける場合は,自家用車やタクシーなど救急車以外の交通機関等を利用して病院受診をお願いします。また,寝たきりなどの重症度が高いが緊急性は低い傷病者の方の病院への受診等は民間救急等を利用するなどしてください。

 

尊い命を救うため,救急車の適正利用が必要です。

 

救急車利用マニュアル

限りある救急車や救急医療を安心して利用いただくため,「救急車を上手に使いましょう~救急車必要なのはどんなとき?~」という表題の救急車利用マニュアルが総務省消防庁により作成されています。

この中には,救急通報のポイント,重大な病気やけがの可能性がある『ためらわず救急車を呼んでほしい症状』などが記載されています。

閲覧,印刷用として下記リンク先にPDFファイルを掲載しておりますので,救急車を呼ぶべきかどうか判断に困った場合などに活用してください。

救急車利用マニュアル(新しいウインドウで開きます)

 

全国版救急受診アプリ『Q助』

総務省消防庁では,急な病気やけがをしたときに該当する症状を画面上で選択していくと緊急度に応じた適切な対応(「いますぐ救急車を呼びましょう」,「できるだけ早めに医療機関を受診しましょう」,「緊急ではありませんが医療機関を受診しましょう」又は「引き続き,注意して様子をみてください」)が表示されるスマートフォン,タブレット端末用アプリを作成しています。病気やけが等の緊急時に,判断の一助としてご利用ください。

総務省消防庁「Q助」案内サイト(新しいウインドウで開きます)

 

患者搬送事業者(常陸太田市消防本部認定事業者)※民間救急

常陸太田市消防本部が認定した患者搬送事業者(民間救急)は,次の事業所です。

 内容については,事業所へ直接ご確認ください。
  事業所名:堀越民間救急サービス
  所在地:常陸太田市寿町598-1
  電 話:0294-72-9199

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは消防本部消防課 警防係です。

南消防署 〒313-0013 常陸太田市山下町1693

電話番号:0294-73-1194

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る