1. ホーム>
  2. 教育・文化・スポーツ>
  3. 教育・文化・スポーツのお知らせ>
  4. 企画展「昔のくらし」・「江戸時代の常陸太田地方」を開催します

教育・文化・スポーツ

企画展「昔のくらし」・「江戸時代の常陸太田地方」を開催します

常陸太田市郷土資料館梅津会館   所蔵資料展

昔のくらし

『昔のくらし5』の画像

   現在,私たちの暮らしは家電製品にあふれ,生活はより便利に変化しました。戦後の技術の進歩により,今の便利で豊かな暮らしがありますが,その背後では先人たちの様々な生活の知恵や技が失われつつあります。

   今回の展示では,小学生の学習内容に合わせ,当館に所蔵されている明治から大正,昭和にかけての道具を展示し,当時の暮らしの様子を紹介します。懐かしさや物珍しさ,その使われ方を考えたり,様々な角度からみていただくことで,今の私たちの「くらし」を見直すことに通じれば幸いです。

 

 

    

 〇 主な展示資料
『蓄音機』の画像 『昔のくらし3』の画像
蓄音機(ちくおんき) 糸車
『唐箕』の画像
唐箕(とうみ)

 

No. 名 称 No. 名 称
1  白黒テレビ/黒電話/ラジオ 6  ちゃぶ台

2

 蓄音機(ちくおんき)/レコード/アコーディオン 7  鍬(くわ)/槌(つい)/背負籠(せおいかご)
3  足踏み式ミシン 8  キセル
4  回転式簡易洗濯機(かいてんしきかんいせんたくき) 9  行李(こうり)/トランク
5 荷車(にぐるま) 10 紙幣(しへい)/古銭(こせん)

その他にも,様々な資料を展示する予定です。

 

江戸時代の常陸太田地方

   江戸時代の常陸太田地方は,徳川御三家のひとつ水戸徳川家の支配となりました。

市内の瑞龍町に水戸徳川家歴代の墓所がおかれ,水戸黄門で知られる二代藩主徳川光圀が現在の新宿町に建てた西山御殿(西山荘)に隠居するなど,水戸藩にとって常陸太田は重要な位置を占めるとともに,周辺からの物資の集散地として経済も発展しました。

 

〇 主な展示資料
『常陸太田地方1』の画像 『常陸太田地方2』の画像
   
『常陸太田地方3』の画像
 

その他にも,『日下部父子顕彰碑原本』や『町田村文武館御用留』など様々な資料を展示する予定です。

 

 

 

会    期    平成30年1月16日(火)   ▶     平成30年2月25日(

会      場      郷土資料館梅津会館1階企画展示室
                 (常陸太田市西二町2186)

開館時間      午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

 休 館 日      月曜日(祝日の場合は翌平日)

 入 館 料      無料

主      催      常陸太田市教育委員会

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課です。

〒313-0055 常陸太田市西二町2200(旧法務局)

電話番号:0294-72-3201 ファックス番号:0294-72-3310

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る