1. ホーム>
  2. 災害>
  3. 令和元年台風第19号関連>
  4. 暫定基準水位の見直しについて(里川)

暫定基準水位の見直しについて(里川)

 台風第19号による出水により,久慈川・里川・浅川の堤防が決壊したため,各水位観測所について,国および県で発表している水防警報の発表基準を堤防の決壊による被災状況を考慮し,当面の間,新たに設定した暫定基準水位(新しいウインドウで開きます)にて,水防警報および水位情報等が発表されます。

この基準の運用により,避難情報等のより早期の発令および発令回数の増加が想定されます。市民の皆様には,ご理解とご協力のほどお願いいたします。

大雨時には,河川の水位が急に上昇する場合もありますので,雨量や水位等の防災情報に注意してください。

 

(1)一級河川 里川
    町屋水位観測所 (常陸太田市西河内下町地先)

 久慈川 富岡水位観測所は, 令和2年10月30日17時,久慈川 舟生橋水位観測所と浅川 大方水位観測所は11月5日24時をもって暫定基準水位での運用が解除されました。これにより,被災前の通常の基準水位に戻して運用されます。

 

※他の水位観測所(下野宮・久慈川橋・下津原橋)の発表基準については,変更ありません。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは防災対策課です。

〒313-8611 常陸太田市金井町3690

電話番号:0294-72-3111(内線351・352) ファックス番号:0294-72-3002

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る