1. ホーム>
  2. 市政>
  3. 市政のお知らせ>
  4. パブリック・コメントに対して提出された意見等と実施機関の考え方(常陸太田市子育て基本条例(案))

市政

パブリック・コメントに対して提出された意見等と実施機関の考え方(常陸太田市子育て基本条例(案))

案件の概要

案件名 常陸太田市子育て基本条例(案)
概要 子育て支援について基本理念を定め,子どもが健やかに成長できる社会を実現することを目的に基本条例を策定するものです。
意見等の募集期間 令和2年1月23日(木)から2月12日(水)
提出された意見等の数 6件(提出者2名)
所管課 少子化・人口減少対策課

 

提出された意見等及び実施機関の考え方

番号 意見の概要 意見に対する市の考え方 修正の有無

1

1.前文
子どもたちを「地域の宝として」大切に育てるというのは,一歩間違えれば子どもに地元にとどまることを強制することになりかねません。少子化対策は百も承知だが,いま一度子どもが地域を将来的に出る権利を保証するという意味で再考をお願いしたいです。地域の宝でなくとも,子どもであるだけで十分宝なので。

貴重なご意見として受け止めさせていただきます。

2

2.保護者の役割
記載内容はもっともですが,保護者が子どもに関してあまりにも色々な責任をおわされている現在,保護者の人格もまた尊重されるべきです。保護者の役割を記載するにあたり,その留保も必要です。

貴重なご意見として受け止めさせていただきます。

3

3.全体として
当事者として,子育て支援は切実に必要です。しかし,子どもや保護者を地域に過剰包摂するのではなく,それから自由に生きられる権利も明記してほしいと思います。でないと多様な家族のあり方を直視するという前文の理念と矛盾します。
子どもと大人の関係性が揺らいだり,子ども→大人になるというゴールが見えにくくなっているからこそ,「子どもは将来こうなるから今大切」ではなく,将来どうなっても子どもは今ここで大切だという立場でいてほしいです。もちろん子どもを未熟な存在としてだけみるのではなく,子どもと大人(および地域)の関係性を常に問いつつ子どもを1人の人間として見ておく必要はあるかと思います。

前文に,「子どもを一人の人間として尊重し」を加筆いたします。

4

「前文」の第二段落「・・・子どもが夢と希望を持って健やかに成長・・・」を,「・・・子どもが主体的に夢と希望を持って健やかに成長・・・」と「主体的に」を入れるのはどうでしょうか。
「主体的に」を入れることをお願いするのは,国連が採択している「子どもの権利条約」に鑑みてです。「子どもの権利条約」では「こどもの主体性」を非常に大事にしています。本市でもぜひその視点を少しでも加えていただければと思いました。

「主体的に」を加筆いたします。
5

2.第7条の「夢育」ですが,まだ一般社会には周知されておらず,今後常陸太田市の特色ある言葉として周知していく予定で考えているのでしたら,「夢育」の注釈があったほうが良いと思います。

条文での注釈による説明は難しいですが,本条例が制定された際は,内容について広く市民の皆様等に周知する予定ですので,その中で表現したいと考えております。

6

3.第7条の第1項「学校は子どもたち一人ひとりが描いた「夢」の実現を支援・・・」ですが,「学校は子どもたち一人ひとりが主体的に夢を描くことを助け,描いた夢の実現を支援・・・」としたほうが良いように思います。今日では「貧困」の定義に入る家庭で育つ子どもたちは,自分の置かれた現実をよく理解していることから,夢を描けない(描いてもどうせ叶わないから,初めから期待しない)ことが知られています。ですので,まずはすべての子どもが夢を描けるような支援を学校教育で行っていく,という部分もほしいと思いました。また,「主体的に」を入れたのは,1で述べたとおりです。

「主体的に夢を描き」を加筆し,条文を見直します。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは少子化・人口減少対策課 少子化・人口減少対策係です。

本庁3階 〒313-8611 常陸太田市金井町3690

電話番号:0294-72-3111 内線314

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る