1. ホーム>
  2. 教育・文化・スポーツ>
  3. 常陸太田市教育委員会>
  4. 文化・芸術>
  5. 常陸太田市郷土資料館>
  6. 展示イベントのご案内>
  7. 企画展「常陸太田の建物探訪シリーズ」(11/12~12/19)
LINEで送る

教育・文化・スポーツ

企画展「常陸太田の建物探訪シリーズ」(11/12~12/19)

企画展「常陸太田の建物探訪シリーズ~未来に伝えたい!鯨ヶ丘の建物part1」

チラシ「建物探訪シリーズ 鯨ヶ丘の建物?」

会  期:令和3年11月12日(金)~12月19日(日)

会  場:郷土資料館梅津会館1階企画展示室(常陸太田市西二町2186)

開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)

休 館  日:月曜日

入 館  料:無料

お問合せ:0294-72-3201(郷土資料館)

協  力:阿部 深雪/アンティークギャラリー花てまり/岩瀬 洋一郎/川崎 勝平/小泉 正/有限会社小澤時計店/駿河屋宮田書店/立川 久泰/前島 吉一/NPO法人 結/梶 ひろみ(順不同・敬称略)

※新型コロナウイルスの感染状況により会期が変更となる場合がありますので,あらかじめご了承ください。

※入館にあたり,新型コロナウイルス感染拡大防止のための諸注意があります。必ずこちらのページをご確認くださいますようお願いいたします。

 

 常陸太田市内に残る歴史的建造物を紹介するシリーズの第1弾は「鯨ヶ丘」。この地区は,中世には佐竹氏が居城とする太田城の城下町として発展し近世には物資の集散地として栄えた場所で,歴史的建造物が多く残っています。

 平成19・20年度には,筑波大学が中心となり,鯨ヶ丘の町並み調査が行われました。その結果,670棟余に及ぶ歴史的建造物(※)が確認でき,北関東を代表すると言っても過言ではない一級の町並みであることが明らかになりました。現在はそのレトロな町並みを活かしたひな祭りのイベントや,空き店舗を使った芸術活動,映画・CMの撮影が行われるなど,徐々に注目を集めています。

 今回の展示では,鯨ヶ丘の歴史や町並み調査の成果報告,レトロな町並みを活かした取り組みの事例を紹介いたします。

 みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

 ※平成19年時点で築50年以上経過している物件

展示内容

鯨ヶ丘の歴史

 古写真や資料をもとに,鯨ヶ丘地区の町並みがどのように変わっていったのかをご紹介します。

鯨ヶ丘の歴史的建造物

 平成19・20年度に行われた調査の成果をパネルえ紹介するとともに,それぞれの建物ゆかりの品を展示します。

町並みを活かした取り組み

 歴史的建造物を改修し活用している事例や,茨城県北芸術祭・スロータウン鯨ヶ丘ひなめぐりといったレトロな町並みを活かしたさまざまな取り組みをご紹介します。

本展で紹介する建物(順不同)

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課 文化振興係です。

〒313-0055 常陸太田市西二町2200(旧法務局)

電話番号:0294-72-3201 ファックス番号:0294-72-3310

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

このページに対するご意見やご感想をお聞かせください。なお、寄せられたご意見などへ、個別の回答は行いません。
住所・電話番号など、個人情報を含む内容は記入しないでください。
それ以外のご意見・ご提案などはこちらからお願いします。

Q.このページはお役に立ちましたか?
ご意見・ご感想はこちらから
最終更新日最終更新日
  • 2021年11月11日
  • ページの先頭に戻るページの先頭に戻る
    常陸太田市役所 〒313-8611 茨城県常陸太田市金井町3690 TEL 0294-72-3111(代表)
    スマートフォン用ページで見る