○常陸太田市高校生バス通学用定期券購入助成金交付要項

平成23年3月31日

告示第43号

(目的)

第1条 この要項は,高校生の地方路線バスの利用を促進し,公共交通の維持,活性化を図るため,路線バスの通学用定期券(以下「定期券」という。)の購入に対して助成金を交付することについて,必要な事項を定めるものとする。

(助成対象者)

第2条 助成の対象となる者は,市内に住所を有する高校生であつて,市内の停留所を発着地として利用する者で,かつ,次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 3ヶ月間以上の期間の往復定期券を購入し,1ヶ月当たりの購入金額が1万円を超える者

(2) 3ヶ月間以上の期間の片道定期券を購入し,1ヶ月当たりの購入金額が5千円を超える者

(平28告示37・全改)

(助成金の額)

第3条 助成金の額は,別表第1のとおりとする。

(平28告示37・全改)

(助成金の交付申請)

第4条 助成金の交付を受けようとする者は,常陸太田市高校生バス通学用定期券購入助成金交付申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)を市長に提出しなければならない。

2 前項の申請は,購入した通学定期券の通用期間内に行わなければならない。

(助成金交付決定及び決定通知等)

第5条 市長は,前条の申請があつたときは,その内容を審査し,助成金の交付又は不交付の決定を行い,常陸太田市高校生バス通学用定期券購入助成金交付決定通知書(様式第2号)又は不交付決定通知書(様式第3号)により当該申請者に通知するものとする。

(バス事業者への申請等の委任)

第6条 通学定期券の購入者は,助成金の申請及び請求をバス事業者に委任することができる。

2 前項の規定は,別表第2に定める定期券販売所において,定期券の購入時にバス事業者に対し,申請書を提出した場合に適用する。

(平28告示37・一部改正)

(委任による助成金の申請)

第7条 前条第1項により通学定期券の購入者から委任を受けたバス事業者は,委任を受けた当該申請書を添えて,通学定期券を販売した月の翌月末日までに市長に常陸太田市高校生バス通学用定期券購入助成金交付申請書(バス事業者用)(様式第4号)を提出しなければならない。

(助成金交付決定及び決定通知)

第8条 市長は,前条の申請があつたときは,第5条の規定を準用する。

(助成金の請求)

第9条 助成金の決定通知を受け,助成金の支払いを受けようとするものは,常陸太田市高校生バス通学用定期券購入助成金交付請求書(様式第5号)を提出するものとする。

(助成金の支払)

第10条 市長は,助成金交付の請求を受けたときは,速やかに助成金請求者に助成金を支払うものとする。

(その他)

第11条 この要項に定めるもののほか必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

この告示は,平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成28年告示第33号)

この告示は,平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成28年告示第37号)

この告示は,公布の日から施行する。

附 則(令和元年告示第99号)

この告示は,公布の日から施行し,令和元年5月1日から適用する。

別表第1(第3条関係)

(平28告示37・追加)

区分

助成金の額

往復定期券の購入者

購入した定期券の額から1ヶ月につき1万円を控除した額に5分の4を乗じた額。ただし,1ヶ月当たり2万円を超える場合は,1万2千円を控除した額の全額とする。

片道定期券の購入者

購入した定期券の額から1ヶ月につき5千円を控除した額に5分の4を乗じた額。ただし,1ヶ月当たり1万円を超える場合は,6千円を控除した額の全額とする。

(注) 助成金の額の10円未満の端数は切り捨てる。

別表第2(第6条関係)

(令元告示99・全改)

茨城交通株式会社太田営業所,日立南営業所

(令元告示99・全改)

画像

画像

(平28告示33・一部改正)

画像

(平28告示37・全改)

画像

画像

常陸太田市高校生バス通学用定期券購入助成金交付要項

平成23年3月31日 告示第43号

(令和元年5月31日施行)