閉じる

子育て

出産育児一時金

出産育児一時金について

国民健康保険に加入している方が出産した場合,出産育児一時金が申請により支給されます。支給額は42万円(産科医療補償制度に未加入の医療機関で出産した場合は40万8千円)で,原則として,市(医療保険者)から医療機関等に直接支払われます。(出産育児一時金直接支払制度)

申請手続きは分娩予定の医療機関等に直接支払の合意文書を提出して終了です。

※死産,流産等でも妊娠12週(85日)以上であれば支給されます。

※会社などの健康保険に1年以上加入し,退職後6か月以内に本人が出産した場合は,在職当時の健康保険から出産育児一時金が支給されます。

 

留意事項

・病院等での出産費用が,出産育児一時金の額(42万円)を超えた場合は,その差額を病院等へお支払いください。(出産費用が42万円未満の場合は,その差額が支給されますので,別途申請してください。)

・海外での出産や病院等への直接支払を希望しない場合は,出産後に世帯主等が保険年金課の窓口で申請してください。

・出産育児一時金は,起算日(出産日の翌日)から2年を経過すると申請できません。

 

出産育児一時金の支払いの流れ

 

出産育児一時金の支払いの流れ

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険年金課 国保係です。

本庁1階 〒313-8611 常陸太田市金井町3690

電話番号:0294-72-3111 内線112・113・114

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

このページに対するご意見やご感想をお聞かせください。なお、寄せられたご意見などへ、個別の回答は行いません。
住所・電話番号など、個人情報を含む内容は記入しないでください。
それ以外のご意見・ご提案などはこちらからお願いします。

Q.このページはお役に立ちましたか?
ご意見・ご感想はこちらから