閉じる

くらし

【後期高齢者医療制度】令和4年10月からの窓口負担割合の見直しについて

令和4年10月1日から一定以上の所得がある方は,現役並み所得者(窓口負担3割)を除き,医療費の窓口負担が1割から2割になります。

※2割負担の対象となるかどうかは,令和3年中の所得をもとに,令和4年8月中旬頃から判定が可能となります。

詳しくは厚生労働省が作成した以下のリーフレットをご覧ください。

窓口負担割合の見直しに係るリーフレット(PDF形式 761キロバイト)

 

今年度の保険証発送スケジュールについて

窓口負担割合の変更に伴い,今年度(令和4年度)は,
被保険者全員に対し2回,被保険者証を発行・送付いたします。

1回目 7月(通常の年次更新)発行・送付【むらさき色の被保険者証】
    有効期間:令和4年8月1日から9月30日
2回目 9月(窓口負担割合変更の施行日前)発行・送付【セピア色の被保険者証】
    有効期間:令和4年10月1日から令和5年7月31日
 
※被保険者全員が対象となります。
※窓口負担割合の判定は,広域連合で行われるため,手続きは必要ありません。
限度額認定証または限度額適用・標準負担額減額認定証は,1年間(有効期間8月1日から翌年7月31日まで)
 お使いいただけます。有効期間にご注意ください。

 

国が設置するコールセンターについて

窓口負担割合の見直しの背景等に関するご質問等については,以下にお問い合わせください。

「後期高齢者窓口負担割合コールセンター」

電話番号:0120-002-719

受付時間:月曜日から土曜日 9時00分から18時00分 ※日曜日・祝日は休業

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険年金課 年金医療係です。

本庁1階 〒313-8611 常陸太田市金井町3690

電話番号:0294-72-3111 内線117・118

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

このページに対するご意見やご感想をお聞かせください。なお、寄せられたご意見などへ、個別の回答は行いません。
住所・電話番号など、個人情報を含む内容は記入しないでください。
それ以外のご意見・ご提案などはこちらからお願いします。

Q.このページはお役に立ちましたか?
ご意見・ご感想はこちらから