1. ホーム>
  2. 子育て>
  3. 03.乳幼児期には>
  4. 子どもの予防接種

子どもの予防接種

◆ 接種対象年齢になりましたら,標準的な接種年齢の期間に受けられるよう計画しましょう。

◆ 配布している「予防接種と子どもの健康」の冊子を必ずお読みください。

定期予防接種の種類と接種方法

【場所】茨城県内の広域予防接種協力医療機関にて行います。

【費用】定期接種については無料です。

種  類 対象年齢 望ましい接種期間 接種間隔・回数

ロタウイルス

(経口生ワクチン)

ロタリックス

(1価)

出生6週~24週までの間 生後2か月~生後24週までの間

27日以上の間隔をおいて2回経口投与する。

1回目は,生後2か月から生後14週6日までに接種する。

ロタテック

(5価)

出生6週~32週までの間 生後2か月~生後32週までの間

27日以上の間隔をおいて3回経口投与する。

1回目は,生後2か月から生後14週6日までに接種する。

ヒブ

(不活化ワクチン)

生後2~60か月に至るまで

(5歳の誕生日の前日まで)

初回接種開始は,生後2か月~7か月に至るまでに接種する

【2~7か月未満開始】

初回:27日(医師が認める時は20日)以上,56日までの間隔をおき3回接種する。

追加:初回3回接種終了後7か月以上,13か月までの間隔をおき1回接種する。(13か月以上でも接種は可能。)注1

注1初回2回目・3回目の接種は,1歳を超えた場合は行わない。追加接種は実施可能であるが初回最後の接種終了後,27日(医師が認める時は20日)以上の間隔をおいて1回接種する。

※注2初回2回目の接種は,1歳を超えた場合は行わない。追加接種は実施可能であるが初回最後の接種終了後,27日(医師が認める時は20日)以上の間隔をおいて1回接種する。

【7か月~12か月未満開始】

初回:27日(医師が認める時は20日)以上,56日までの間隔をおき2回接種する。

追加:初回2回接種終了後7か月以上,13か月までの間隔をおき1回接種する。(13か月以上でも接種は可能。)注2

【1歳以上5歳未満開始】

1回接種する。
 

小児

肺炎球菌

(不活化ワクチン)       

生後2~60か月に至るまで

(5歳の誕生日の前日まで)

初回接種開始は,

生後2か月~7か月に至るまでに開始する。

追加接種は,生後12~15か月に至るまでに接種する。
【2~7か月未満開始】

初回:生後12か月までに27日以上の間隔をおき3回接種する。

追加:生後12~15か月までに,初回3回接種終了後60日以上の間隔をおき,かつ1歳以上で1回接種する。注3

 注3初回2回目・3回目の接種が2歳を超えた場合は行わない(追加接種は実施可能)。また,初回2回目の接種が1歳を超えた場合,初回3回目の接種は行わない。(追加接種は実施可能)。

※注4初回2回目の接種が2歳を超えた場合は行わない(追加接種は実施可能)。     

【7か月~12か月未満開始】

初回:生後12か月までに27日以上の間隔をおき2回接種する。

追加:初回2回接種終了後60日以上の間隔をおき,かつ1歳以上で1回接種する。注4

【1歳以上2歳未満開始】

60日以上の間隔をおき2回接種する。

【2歳以上5歳未満開始】

1回接種する。

B型肝炎
(不活化ワクチン) 
生後2か月~1歳に至るまで
(1歳の誕生日の前日まで)
生後2か月~8か月 27日以上の間隔をおき2回接種する。
3回目は,1回目の接種から139日以上の間隔をおき接種する(2回目と3回目の接種は6日以上間隔をおく)。
四種混合

・ジフテリア

・百日咳

・破傷風

・不活化ポリオ

(不活化ワクチン)   
1期初回

生後3~90か月に至るまで

(7歳6か月になる日の前日まで)
生後3か月~12か月 20日以上(標準的には56日まで)の間隔をおいて3回接種する。
1期追加 

生後3~90か月に至るまで

(7歳6か月になる日の前日まで)
1期初回接種(3回)終了後,生後12~18か月までに接種する。 1期初回3回終了後,6か月以上(標準的には12か月~18か月)の間隔をおいて1回接種する。
BCG
(注射生ワクチン) 
生後1歳に至るまで
(1歳の誕生日の前日まで)
生後5~8か月 1回接種する。
麻しん

風しん混合

(注射生ワクチン)   
1期

生後1歳~2歳に至るまで

(2歳の誕生日の前日まで)
1歳になったら早めに受けましょう。 1回接種する
2期

5歳以上7歳未満

(幼稚園・保育園等の年長児)
小学校就学前の1年間
(令和2年4月1日~令和3年3月31日まで)

1回接種する。

平成26年4月2日~平成27年4月1日生まれに個別通知

水痘
(注射生ワクチン) 
1歳~3歳未満  3か月以上,標準的には6か月~1年の間隔をおいて2回接種する。
日本脳炎
(不活化ワクチン)       
1期初回

生後6~90か月に至るまで

(7歳6か月になる日の前日まで)
3歳~4歳 6日以上,標準的には28日までの間隔をおいて2回接種する。
1期追加

生後6~90か月に至るまで

(7歳6か月になる日の前日まで)
4歳~5歳 1期初回2回終了後6か月以上,標準的には1年の間隔をおいて1回接種する。

2期

9~13歳未満

9歳~10歳

1回接種する。

平成22年4月2日~平成23年4月1日生まれ(小学4年生)に個別通知

*20歳未満の経過措置

平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの20歳未満

20歳未満

不足分を接種

2期は1期(全3回)が終了している9歳以上の方で,1期追加終了後から概ね5年おいて接種することが望ましいといわれています。

平成14年4月2日~平成15年4月1日生まれ(18歳になる方)に個別通知

二種混合

・ジフテリア

・破傷風

(不活化ワクチン) 

2期

11歳以上13歳未満

(13歳の誕生日の前日まで)
11歳~12歳未満

1回接種する。

平成20年4月2日~平成21年4月1日生まれ(小学6年生)に個別通知

子宮頸がん
(不活化ワクチン) 

小学6年生~高校1年生の女子

中学1年生

*現在,積極的勧奨を中止しております。

2価(サーバリックス)

1か月の間隔をおき2回接種した後,初回1回目の接種から6か月の間隔をおき1回接種。

4価(ガーダシル)

2か月の間隔をおき2回接種した後,初回1回目の接種から6か月の間隔をおき1回接種。

任意予防接種の種類と接種方法

【場所】常陸太田市個別予防接種協力医療機関にて行います。

種 類 対象年齢 回数 接種費用 備  考

おたふくかぜ

(注射生ワクチン)
1歳~6歳未満 1回 接種料金7,230円から市助成額2,440円を差し引いた額

・市外の医療機関で接種する場合は,事前に健康づくり推進課へご連絡ください。

小児インフルエンザ

(不活化ワクチン)
1歳~13歳未満 2回

市では1回につき1,100円を助成します。各医療機関の接種料金から1,100円を差し引いた額が自己負担額になります。

※接種期間は10月~1月末までです。

・予診票は市内予防接種協力医療機関にあります。

・市外の医療機関で接種する場合は,事前に健康づくり推進課へご連絡ください。

13歳~19歳未満 1回

※対象年齢の枠外に行う場合は,全額有料となります。
※希望する方は,かかりつけの医療機関にご相談のうえ接種を受けてください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康づくり推進課です。

総合保健センター 〒313-0041 常陸太田市稲木町33

電話番号:0294-73-1212

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る