1. ホーム>
  2. 観光>
  3. 観(観る)>
  4. 寺社>
  5. 若宮八幡宮

若宮八幡宮

若宮八幡宮(わかみやはちまんぐう)

若宮八幡宮 馬場八幡宮(馬場町)と対をなす,佐竹源氏の氏神で太田16町鎮守。佐竹氏13代義仁が,応永元(1394)年に鎌倉の鶴岡八幡宮の分霊を,舞鶴(太田)城中に奉るようになったのがその始まりと言われています。
現在の場所に移されたのは宝永5(1708)年のことで,水戸徳川の時代においても篤い信仰を集めたといいます。かつては,東西の金砂神社の大祭礼と同様,日立市の久慈浜まで神輿が渡御し,磯出の神事を盛大に執り行っていました。境内には稀少な文化財が現存しており,神楽殿にある18枚の歌仙絵は江戸末期から明治頃に奉納されたものとみられます。
また,鳥居をくぐったすぐ先にある樹齢500年の大ケヤキは,茨城県指定文化財です。

 

インフォメーション

所在地:常陸太田市宮本町2344(地図

お問合せ:0294-72-0868

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課 文化振興係です。

〒313-0055 常陸太田市西二町2200(旧法務局)

電話番号:0294-72-3201 ファックス番号:0294-72-3310

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る