1. ホーム>
  2. 市政>
  3. 施策・計画>
  4. 常陸太田市果樹産地構造改革計画

常陸太田市果樹産地構造改革計画

 常陸太田市における,ぶどう,梨,柿などの果樹生産は,年間産出額が約5億2千万円であり,120の経営体(ぶどう62,梨30,柿28)が,それぞれ部会を組織し,生産活動を展開しています。

 しかしながら,近年,生産者の高齢化,離農者の増加,担い手不足など,地域全体における果樹の生産基盤が弱まりつつあり,将来,更なる農家数や栽培面積などの減少が懸念されています。

 このような中,果樹産地としての灯を点し続け,更なる発展をしていくためには,現状を踏まえ,将来への展望を持って,産地としての特色を活かした産地をつくりあげていく必要があります。

 そのため,果樹産地としての目指すべき姿を明確化した上で,目標や取り組みを具体的に示した「常陸太田市果樹産地構造改善計画」を策定し,生産者や関係者等,産地が一体となった取り組みを進めていこうとするものです。

(平成28年3月31日:「果樹産地構造改革計画について」《平成17年3月25日付け16生産第8112号農林水産省生産局長通知》第6の2に基づき,公益社団法人茨城県農林振興公社理事長より承認)

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは販売流通対策課 生産流通振興係です。

本庁2F 〒313-8611 常陸太田市金井町3690

電話番号:0294-72-3111 内線662・663

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る