太田落雁

太田落雁

太田落雁 水戸徳川家九代藩主・徳川斉昭公が領内を巡視し選定された「水戸八景」の一つ。
藩士の文武を奨励した斉昭公は,八景めぐりを通じて自然観賞を勧めることで,藩士たちの心身の鍛練を図ったとされます。かつて,この碑がある高台付近からは,阿武隈連山を背景とした素晴らしい眺めや「真弓千石」と呼ばれる水田地帯,雁が苅田に降りる様子などを望むことができました。
その情景を斉昭公が「さして行く 越路の雁の 越えかねて 太田の面に しばしやすらふ」と詠んだことから太田落雁と命名されたといいます。
また,斉昭公は水戸八景の詩歌として「大家落雁渡房洲」(太田の落雁房洲を渡る)とも詠んでいるほか,碑に記された文字も公の筆跡と伝えられています。

 

インフォメーション

所在地:常陸太田市栄町(地図

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは観光振興課 観光振興係です。

旧ハローワーク 〒313-0013 常陸太田市山下町949-9

電話番号:0294-72-8071

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る