閉じる

産業・ビジネス

実質化された人・農地プランの公表について

実質化された人・農地プランとは

 人・農地プランとは,農業者等が話し合いに基づき,地域農業において中心的な役割を果たすことが見込まれる農業者(中心経営体)や,地域における農業の将来の在り方等を明確化し,市町村により公表されるものです。

 このプランは,農地中間管理事業の推進に関する法律(平成25年法律第101号)第26条に基づき,農地バンク事業のお円滑な推進を図るための手段として法律上位置付けられています。

 

実質化の要件

1.アンケートの実施

  対象地区の,5年~10年後の農地利用や後継者の有無等に関するアンケート調査の実施

2.地図による現状把握

  アンケートをもとに,対象地区の農地利用の状況や農業者の年齢,後継者の有無等を地図に落とし込み把握

3.地域の中心経営体への農地の集約化に関する将来方針の作成

  地域ごとの農地利用の将来像や,農地の集積・集約化に向けて営農する中心経営体に関する方針を定める

 

実質化された人・農地プランの公表

〇常陸太田地区(1)(小目町)

  地区内の耕地面積:137ha  中心経営体数:8経営体

 

〇金砂郷地区(1)(大里町)

  地区内の耕地面積:121ha  中心経営体数:10経営体

 

〇里美地区(1)(徳田町)

  地区内の耕地面積:59ha  中心経営体数:7経営体

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農政課です。

本庁2階 〒313-8611 常陸太田市金井町3690

電話番号:0294-72-3111 内線614・615

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

このページに対するご意見やご感想をお聞かせください。なお、寄せられたご意見などへ、個別の回答は行いません。
住所・電話番号など、個人情報を含む内容は記入しないでください。
それ以外のご意見・ご提案などはこちらからお願いします。

Q.このページはお役に立ちましたか?
ご意見・ご感想はこちらから