1. ホーム>
  2. 観光>
  3. 観(観る)>
  4. 自然>
  5. 東金砂神社のモチノキ

東金砂神社のモチノキ

東金砂神社のモチノキ

東金砂神社のモチノキ モチノキは,通常高さ10メートルほどまで達する常緑高木で多くは西日本に自生し,庭木として栽培されています。葉は厚くて光沢があり,長細い楕円形をしています。材質は堅くて綿密,印材や挽物用に,樹巣は染料やとりもちとして使用されています。
樹齢500年,高さ8メートル,幹周3.6メートルを誇るこのモチノキは,東金砂神社の御神木で,かつて,現在の和久町に住む菊池某という人物が,当社に心願をかけて奉納したもので,御神徳によって粳が糯米に変化したという伝説が残っているほか,この古木につながれた馬は糞尿をしないとも言われています。

 

インフォメーション

所在地:常陸太田市天下野町9740(地図

お問合せ:0294-85-1638

備考:県指定天然記念物

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは観光振興課 観光振興係です。

旧ハローワーク 〒313-0013 常陸太田市山下町949-9

電話番号:0294-72-8071

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

常陸太田市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る